<塩漬け保存>
枝を落として薄い塩水に漬ける。(下漬け・・アクを取る)。一日ほど経ってから、たっぷりの塩をまぶし、再び漬ける。(本漬け) *塩が強ければ腐らない。梅雨時に上がった水を捨て漬け直してもよい。
<もどし方>
水で洗い赤なべで沸騰したら火を止め、そのままにしておく。 緑が鮮明になってきたら水に流し、塩出しをする。
沸騰したらそのまま自然に冷ますと色が良くなります。
早春の山に清楚な白い花の”こぶし”その香りは香水に出来たらいいなと思うほど、素晴らしい。